多治見店ブログ

勇気の言葉

サワディーカップ!
享佑です。

僕は落ち込んだ時、うまくいかないとき、眠れないとき。
そんなときに、般若心経を写経します。

般若心経は空を説くお経です。
諸法空相という言葉が語られます。

その般若心経の最後で、全ての苦しみを救う魔法の言葉を観自在菩薩が教えてくれます。
それが

「ぎゃてい、ぎゃてい、はらぎゃてい、はらそうぎゃてい、ぼじそわか」

という言葉です。
現代の言葉にすると

「行け!行け!理想へ向かって行け!理想を求めるものよ、行け!さぁ!」

とでも言う感じでしょうか?
僕は最初が意味も分からずに、この言葉を唱えていました。
でも、最近、やっと意味が少し分かった気がします。

観自在菩薩が言いたかったこと。
それは

「何かを救ってくれるのは、魔法の言葉ではない。
お前の意思と行動だ」

ということなのではないでしょうか?
魔法の言葉などない。
そんなものを求めてないで、大なる智慧に向かって歩み続けろ!
そんな風に言っている気がします。

お経というのは、本当にシンプルで含蓄に富んでいる。
仏典だけでなく、易経も、当然聖書もそうなのでしょう。

それを読み取る智慧をこれからもますます身につけていきたいものだと思う次第です。
タイに来てから、本当によく歩いています。
歩いていると、頭が冴える。
そういえば、歩くのは三碧。
学問も三碧。
なかなか学校の成績が上がらない子は、たくさん歩かせるといいかもしれません。
親御さんも一緒にね。
日本に帰ったら、たかきと一緒に歩こう。

写真はエカマイ。
最近、日本人が増えてきて開発が進んでいるエリア。
歩いてるだけで、警官に怪しまれて、パスポート見せろと言われた。
持ち歩いてて良かった。
持ってなくても、数百バーツ払っとけば、多分喜んで見逃してくれる。

さぁ、行こう!

20140612-112652-41212989.jpg

自分のプロポーションに責任を持つ

サワディーカップ!
享佑です。

さて、先日、こちらで出会った大先輩と少しお話する機会に恵まれました。
その方は、身体の構造については、僕よりもはるかに知識を持っている方で、話を聞いていても、とても楽しい時間が過ごせました。

そこで確信に至ったのが

「炭水化物を抜くのは、あまり意味が無い」

ということ。
その方も同意見でしたので、嬉しく思いました。

エネルギーの源泉である糖質(主に炭水化物から生成)が不足すると筋グリコーゲンがその代わりに働くようです(あまり詳しくないので間違ってたらすみません)。
すなわち、筋繊維の分解ですね。

それが起こってしまうから、炭水化物ダイエットをすると筋肉が痩せ、基礎代謝が落ちます。
ですから、摂取カロリーが落ちても、基礎代謝も下がるので、あまり有効とは思えません。

というわけで、ご飯をしっかり食べましょう。
で、基礎代謝を上げることが大切ですね。
ただ、あまり筋力をつけるのも僕はあまり好みません。
それよりも、身体を使い切ることが大切だと思います。
僕は人間の身体のもっとも素晴らしい点はその柔軟性だと思います。
これは、動物と比べても負けない点だと思っています。
その柔軟性をいかに使い切れるか?が、健康の大前提だと思っています。

人間の主体は筋肉でも内臓でもなく、体液である。
僕はそう考えているわけです。
東洋医学の気血水の考えから、形あるものよりも、捉えどころのない変化していくものの方が大切だと思っています。

人間の身体の可能性を広げるには、可視化出来ざるものに注目することが大切だと思う。
目に見えていないものの意思をどう感じるか?ということに、これからも着目していきたいものですね。

女性は特にプロポーションなどを気にしますね。
そういう身体の形というのは、気血水の意思により作られていきます。
もっと言えば、生き方が現れると言ってもいいのかも知れない。

形あるものは陰陽でいえば陽。
ですから、本来は女性よりも男性の方が見た目にこだわらなければなりませんね。
男は40過ぎたら自分の顔に責任を持て!と言ったのはリンカーンだったと思います。
同様に身体にも責任を持ちたいものですね。

今日はなんだかとりとめのないブログになりました。
書いてる途中で寝てしまったのが原因です。
写真はタイのソーセージ。
初体験でした。
日本のと、ほとんど変わらなかった。

20140612-095009-35409426.jpg

多治見予約

Kuuブログ

求人

多治見ブログ

春日井ブログ

Kuuブログ

求人

多治見 多治見
愛知県春日井市、岐阜県多治見市の整体・足ツボ 石川整體
Copyright© 2010 myh All Rights Reserved.