多治見店ブログ

酸むって、何て読むかご存知ですか?

サワディーカップ!
享佑です。

お世話になっている先輩のところで居候するのも、あと一週間。
ということで、何が残せるか?ということを真剣に考えています。
せっかくなら僕らしく。
ということで、お勉強会をすることにしました。

最後ですので、こちらではまだお話をしたことがない、般若心経について浅学ではありますが、師から受け取った学びを、出来るだけ形を変えずにお話させて頂こうと思います。
般若心経の「色即是空」の一文はあまりに有名ですが、そこに宿された先哲の想いを知る人は少ないかと思います。
何かのお役には立てるかもしれませんね。

13:30〜18:00までの長丁場で般若心経と易が持つ、非常にクリエイティブな哲学を一緒に学んでいく時間にしたいと思います。
興味ある方は一度ご連絡下さい。

さて、たまには身体のことを書かないと怒られそうですね。
陰陽を用いた比較的新しい考え方にマクロビオティックがあります。
1930年頃から提唱され始めた健康法です。
ただし、陰陽という思想は東洋思想から引き継いでいるものの、食べ物の分類などは中医学に全て則っているわけではないので、僕は全面的には支持はしません。

ただ、酸性の食べ物が最近では多いという点には着目してみる価値はあります。
酸性の強い食物は、代表的なものには肉や卵があります。
これらをたくさん摂ると身体も酸性に偏るようです。

酸性は陰陽でいえば陽。
人間の身体を全体に見ると若干のアルカリ性らしいです。
アルカリ性は陰です。
ですから、やはり酸性に偏るのは良くないので、肉中心の食事というのは考えものですね。

逆に、体表というのは陽であり、やはり人の身体でも体表は弱酸性。
ですから、本来はアルカリ性の石鹸で身体をゴシゴシやるのは良くないと考えられます。
だから、僕は風呂ではあまり石鹸は使いません。
頭はお湯でたっぷり洗いますし、身体もお湯で流す程度で、あとは浴槽にしっかり浸かることで、油脂などの汚れを取るようにしています。

狩猟民族はなぜ攻撃性が高いのか?
やはり身体も心も酸性に偏り過ぎているからかもしれません。
砂漠で狩猟を生業とする以上、穏やかさが欠如することは必然なのかも知れませんね。
肉中心の食事が心も体も酸性つまり攻撃的にするという考え方にもなんとなく納得できる部分はありますね。
生き物を相手に狩猟するわけですから、穏やかすぎては命があぶないですからね。

酸はいたむ、とも読みますが、やはり酸性に傾くと自分も周りも傷つけてしまう気がします。
若干陰が強いくらいでバランスが取れるのがちょうどいい。
そんな風に思います。
いよいよ夏本番。
夏野菜は陰で身体を冷やしてくれますよ。
ナスは大好物です。
日本に帰ったら、ナスの田楽を食べたいな。
と、いいつつ、タイで思いっきり陽な食事をとってます。笑

20140615-104525-38725479.jpg

Kuuブログ

多治見店:カテゴリー

カレンダー

6月 2014
« 5月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
愛知県春日井市、岐阜県多治見市の整体・足ツボ 石川整體
Copyright© 2010 myh All Rights Reserved.